FC2ブログ

【投資顧問評判・口コミ】プロジェクト(PROJECT)は優良サイト?悪質サイト?

プロジェクト(PROJECT)1

投資顧問プロジェクト(PROJECT)

▼投資顧問サイト プロジェクト( PROJECT)



投資顧問プロジェクト(PROJECT)
運営会社:有限会社パーパス
住所:〒103-0027 東京都中央区日本橋一丁目3番13号
電話:03-6271-0828
メール:info@invest-project.jp
責任者:村瀬英彰

投資顧問プロジェクト(PROJECT)のウェブサイトをみる


▼投資顧問サイト プロジェクト(PROJECT)の強み分析



投資顧問サイト プロジェクト(PROJECT)の強みは何なのか?分析してみました。

その①元々は投資家クラブだった?!国内最大級の情報網



投資顧問サイトPROJECTの強みは国内最大級の情報網にあります。

PROJECTは元々、投資家クラブだったそうです。
資産家、政財界、投資関係者が互いの情報を交換し合う場として運営されていたようです。
1980年代からスタートしているので、かなり歴史が長いですね。

投資家と企業の中継役として、資先選定や利害調整を依頼されるなど
業界の中でもめずらしい特殊なケースだったそうな。
その人脈を活かし、株式情報会社として日本の経済を発展させよう!と
発足したのがPROJECTなんです。
“投資家には有利な投資をして頂き、優良な企業は投資を受けて活性化するというWIN-WINの関係”を
目指しているという事だそうです。


ほとんどの投資顧問サイトは
業界に通ずる著名人アナリストを筆頭に、その人の経験や人脈から情報を得ているのがほとんど
です。

ですがPROJECTは違います。
長年の投資家クラブでのスタイルを活かしているので情報を持った人物が自らPROJECTに提供しているというわけなんです。
自分の持っている情報と引き換えに、新たな情報を得るといったところでしょうか。
もちもん企業も投資家からの支援があれば、自身の会社が軌道に乗るという事なのでどちらにとっても
メリットしかないようですね。
メディア・医療・スポーツ・飲食・金融・製造etc…
様々な業界から情報を得ることができるので、視野の広い株式投資が行えそうですよね。
その情報ルートは3000以上!!日本最大級といっても過言ではないでしょう。
その中から仕入れた情報を分析、選定し 我々に提供してくれるそうです。

「いつ、どんな材料が発表されるか。」「いつ、どれだけの資金がながれるか。」
個人ルートでは絶対に知りえない情報までも、公開してくれるとか...!

膨大な人脈ネットワークからは、新商品の開発状況や自社株買いの気配など
どれもこれも世間で話題になる寸前のものばかり。大きく株価が変動しそうな話題に溢れています。
その中で、虚偽のものやインサイダーに触れるものを取り除き、
これから高騰するブーム前の銘柄だけを提供してくれるというのです。

公式サイトに記載されていた情報によれば、入ってきた情報の82%をふるいに落としているそうです!
たとえ有益な情報であっても、大幅な高騰が見込めそうにない場合は落とされてしまうんですね。
もったいないですが、会員にとっては会員はおいしい話に乗っかるだけ!という
何ともありがたい話ですよね!


ここで気になるのは、膨大な情報をどのようにして選別しているのか?という事です。

PROJECTには経験豊かなアドバイザーが所属しており、自身の株式経験や知識をもとに
厳しい目線で銘柄を厳選しているそう。
そしてなんとPROJECTのサポートスタッフ人数は136名!
他の株情報サイトが平均20人に対し、なんと7倍もの人数が在籍しているのです!
これだけの体制だからこそ、膨大な情報量であってもキチンと選定した銘柄だけを推奨できるんです。
もちろん、高騰期待株を見逃すはずがありません!

万が一リスクを伴う場合でも、リスク管理専門のスタッフが30名在籍しているので、
大きな損失を防ぐことができるそうです。とっても心強いですよね!


その②他社と差別化!サポート力!



PROJECTのサポート満足度はなんと97%だそうです!
なんとも高いですね。その理由は信頼性が高いということがほとんどだそうです。

先ほどもご説明いたしましたが、PROJECTは他社よりもサポート人数が多く、
対応ができないという状況がほとんどありません。
また、会員それぞれの生活スタイルに合わせたプランニングを行っているので、
日中は仕事で忙しい!という方にも無理なく投資に取り組めるよう投資スタイルの成形を
行ってくれるんです。安心して投資に望めそうですよね!

さらに、PROJECTは投資に役立つセミナーを不定期開催しているそうですよ!
無料会員も参加可能ってちょっと凄すぎませんか?
セミナーの内容は、講演会や懇親会など株式投資の情報交換もできそうな雰囲気。
投資家クラブのなごりでしょうか...かなり楽しそうです。
有料セミナーも開催されており、こちらは有料会員の中から抽選で選ばれた方が参加できるそうです。

これなら高い満足度を得れるのも納得ですね。


▼投資顧問サイト プロジェクト(PROJECT)の推奨銘柄の上昇実績紹介



それではPROJECTの推奨銘柄の直近実績をチェックしてみましょう。

赤枠で囲っている部分がPROJECTが推奨している期間です。

やまねメディカル

りみっくすポイント

アルベルト

2018/05/25時点での記録ですが、
ここ最近は1ヵ月前後で上昇率が2倍になっている物が多いのがわかりますね。
ぐん!と高騰しているのも特徴的です。これもPROJECTの読み通りという事なんでしょうか?


▼投資顧問サイト プロジェクト(PROJECT)の無料コンテンツ



投資顧問サイト プロジェクト(PROJECT)の無料コンテンツを一覧にしてみました。

*注目銘柄
アドバイザーによって分析抜かれた厳選の情報レポートを提供。
1日平均2銘柄の提供を行っているようです。分析なども記載されているので参考になります。
さらに、特集と称して今月末に利益が出そうな銘柄20位までが配信されることも...。
無料とは思えないほどの充実内容です。

*マーケット概況
国内・国外の市場動向を配信。現在の経済の流れを配信。
強材料&弱材料など、今後の銘柄選びに役立ちそうな項目もあり見応えがあります。

*アドバイザーサポート
投資の悩みから、保有株の動向分析など的確にアドバイス。
また、会員のスタイルに合わせた投資スタイルの提案などを行っています。
電話対応などの受付時間が平日8:30~18:00と、他の投資顧問サイトより長めかなと感じました。

*株式講演会・懇親会の開催
投資に関する情報講演会や懇親会に参加可能。。


株式投資の一大イベント!東京オリンピックで億万長者?




現在は、東京オリンピックに関連する銘柄の提供に力を入れているようです。

オリンピックが日本国内で開催されるということは、
経済的にも良い流れがくることに間違いないでしょう。

各業界でも新たな動きが増えています。スポーツ用品・食品・建設・観光・メディア…etc
日本国内だけでなく、世界各国をターゲットとして幅広い分野が行動し始めているのです。

開催されると需要拡大→株価の上昇!に繋がっていくわけです。
2020年の開催に近づくにつれ、利益は大きくなっていくでしょうね。

皆が注目・欲しがる前に株を安価で買い付けておく!
これにつきます。
有名になってからではもう遅いわけですね。買い時チャンスは今!ということです。

ですが、買い時を見逃せば利益にはなりません...。
PROJECTは「買うべき銘柄」「その買い付け時」を明確にして提供してくれます。
信頼から成り立ったネットワークがあるからこそ成しえることでしょうね。

投資顧問プロジェクト(PROJECT)を見てみる



【※お願い※】「投資顧問プロジェクト(PROJECT)」にご登録された方、また無料・有料を問わずサービス(無料銘柄相談など)や銘柄の提供を受けたことがある方は、その実態や投資実績などをお教え下さい。また、「投資顧問プロジェクト(PROJECT)」の評判や口コミ、評価や噂などの比較検証結果などもお教え頂けると幸いです。

「投資顧問プロジェクト(PROJECT)」を利用した際の、「推奨銘柄が高騰した」「下落した」「儲かった」「損失を抱えた」などの具体的な評価・口コミから「カスタマーサポートが丁寧だった」や「電話したが誰も応対してくれなかった」「初心者でも使いやすかった」などユーザビリティーの良し悪し等。コメントを自由に投稿して下さい。

現在、多くの投資顧問サイトが乱立している状況ですが、中には「料金を払ったのに銘柄が提供されなかった」「追加料金を請求された」「サイトがいつの間にか消滅していて返金対応もされなかった」などの詐欺的な行為によりユーザーを騙す悪質な業者が存在しています。被害拡大を未然に防ぐためにもご協力をお願いします。

高評価の口コミ・コメントの場合は、具体的にどの様なサービスを受けたのか、またどういう点が高評価に繋がったのか等を詳しくコメントしていただけると幸いです。




いつも読んで頂きありがとうございます。
応援クリックが励みになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気サイトランキング


PVランキング
PVランキング




にほんブログ村 株ブログ 投資顧問へ

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する